ダイエット筋トレ インターバルを考える

有酸素運動よりも筋トレのほうがダイエットには効果的というのは、以前にもこちらに書きましたが、
今回は、筋トレと有酸素運動の両方の効果を狙った、サーキットトレーニングならぬ、【 サーキット筋トレ 】についてのお話です。

トレーニング間のインターバルや順番を考えてやることで、ダイエット効果はさらにUP↗するそうです。

👑 サーキット筋トレで効果2倍2倍~W

筋トレは筋肉部位をまとめて鍛えていくのが普通ですが、サーキット筋トレでは有酸素運動も兼ねたいので、メニュー項目を30秒間隔で次々に進めて1セットを通しで行い、2~3分の休憩後、2セット目を行います。

各項目の順番は、複数の筋肉を使う項目から単数の筋肉を使う項目へ流れていくと良いという事ですので、私のメニューは下記のように体幹運動からスタートすることにしました。

正しいかは分かりませんが、1~10まで通して2回行い、最後に11のストレッチをして終わっています。

【 メニュー vol.2 】

1.フロントブランク 20秒
2.サイドプランク 20秒
3.ダイアゴナルバランス 20秒(左右)
4.腕立て伏せ(膝立て)20回
5.バックエクステンション 20回
6.クランチ 20回
7.リバースクランチ 20回
8.レッグレイズ 20回
9.ツイストクランチ 20回
10.ヒップリフト 20回
11.ストレッチ

※1~3は体幹トレーニング(インナーマッスルを鍛えます)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です